日本人がバンコクで健康診断を受ける理由

日本には会社に勤めている人は健康診断を受ける義務が発生していますので、多くの人が住んでいる地域で自分の健康状態と向き合うことができる環境にあります。

また個人事業主であっても自治体が主催するがん検診などを利用すれば、健康状態を保つことが可能です。



それなのにバンコクで健康診断を受ける日本人もいます。まず考えられるのはタイに駐在員になるでしょう。タイに進出する日系企業も多くなっており、特にバンコクにはたくさんの企業があります。

人気のバンコクの糖尿病について知るならこのサイトです。

バンコクに駐在する人、そしてその家族が健康診断を受けており、最も日本人が受ける理由として挙げられます。

そこで問題になるが品質ですが、それもクリアしていることが多いです。
タイの医療水準はアジアのなかでも高く、ヨーロッパからもその恩恵を得るためにバンコクの病院に足を運ぶ人がいるくらいです。

普段から医療の質が高い日本で暮らしている人にも、安心した健康診断を受けることができるでしょう。

2014の新卒がサイトを作成しました! >>DYM2014 詳細はこちらです。

またタイを想像したときに真っ先に上がるのが観光国になります。
その恵まれた医療体制に伴い、医療ツーリズムを国家戦略にしているのがタイです。


観光と医療を結び付けた体制を整えており、観光目的で健康診断に訪れる日本人の数も最近は増えています。

問題となる保険と日本語ですが、日系の病院が進出したり、日本人スタッフや日本語通訳も在籍していますので、言葉の壁もクリアできています。


この2点が日本人がバンコクの病院を利用する目的となっています。