バンコクで行う健康診断について

タイ王国は世界的にも医療先進国として知られており、メディカルツーリズムにおいて東南アジアで上位に入り込むほどです。
とは言っても現地における病院はピンからキリまであるのが現状です。



大きく分けると国立病院、私立病院、そして各言語の通訳を雇用しているような高級私立病院です。

高級私立病院の多くは首都バンコクにありますので、メディカルツーリズムで訪れる観光客である富裕層の多くはバンコクの私立病院での受診がメインとなります。主に日本人を対象としている病院はバンコク都内のスクンビット通りにあり、病院によっては日本の医大を卒業した医師や日本で研修をうけた医師もおり、通訳を必要としないケースもあります。



また多くの高級私立病院には医療用語を専門とした医療通訳がいますので言葉については問題ありません。

事前予約や受診についての注意点なども日本語で説明を受ける事ができます。


診断書などの記載言語についても事前に問い合わせすると安心でしょう。


このような病院では手軽に健康診断をうけることができます。
現地で働く外国人が労働許可証の申請時を行う際には健康診断の提出が義務となっています。



さらに企業によっては定期健康診断も行っているため、タイの医師や看護婦を含め、病院側も外国人の健康診断に慣れています。

このような高級私立病院はカフェやレストランなども併設しているケースが多く、雰囲気や外観もホテルのような感じですのでリラックスして受診することができるでしょう。